この遠近両用レンズはハッキリ見える
2022年5月3日

眼精疲労を起こしやすい目の病気とは

誰にでも起こりやすい目の病気の筆頭とされるのが「眼精疲労」であり、目の充血やゴワつき、視界のかすみや眩しさを感じやすくなる、目を開けているのが辛いほど痛みを感じるなど様々な症状が起こります。眼精疲労は自然に症状が改善する場合もありますが、人によっては慢性的な肩こりや首の凝り、頭痛やめまい、吐き気など全身疾患の状態になる危険もあり、早急に適切な対策をとる必要があります。通常眼精疲労は目の使いすぎによって起こる疲れ目が原因だと考えられますが、実は他の目の病気が原因で症状が起こっている可能性も高いといわれています。眼精疲労を起こしやすい目の病気として挙げられるのが、目が乾燥し表面に傷がつくことで感染症を引き起こす「ドライアイ」や、網膜に像を結ぶレンズの役割を持つ水晶体が加齢で白く濁ってしまう「白内障」、眼圧が許容範囲を超えて高くなることで視神経・網膜に障害を発生させる「緑内障」などがあります。

他にも眼瞼挙筋が加齢やコンタクトレンズの使いすぎでゆるむことで、まぶたが垂れ下がる「眼瞼下垂」や、近視や乱視、遠視や老視などの負担で眼精疲労が起こる「屈折異常等」、加齢によりピント調節機能が低下することで起こる「老視」なども症状の原因につながっている可能性が高いです。そのためただの疲れ目だと判断せず、いちど眼科で診察を受けてみると隠れていた目の病気が見つかる可能性もあるので、眼精疲労に悩んでいる方は一度眼科に受診をしてみることをおすすめします。目の病気のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です