この遠近両用レンズはハッキリ見える
2022年5月15日

メガネレンズにはプラスチックとガラスがあります

メガネレンズは光の屈折と反射を応用した光学レンズのことで、屈折率と設計とコーティングにより構成されています。メガネレンズにはプラスチックとガラスの二種類がありますが、現在は軽くて丈夫なプラスチックを使用している方が圧倒的に多いです。しかしガラスの方も強度の近視の方にとっては、厚さが薄いまま実現できるうえに透明度も高いため、未だに根強い人気なのです。ここではプラスチックとガラスのそれぞれの良さをご紹介していきます。

ガラスは、カメラマンなどプロ仕様の眼鏡やシャープな視界を希望する人にお勧めで、透明度の高い見え方が特徴です。最近はプラスチックが人気で何かとフォーカスされていますが、実はガラスも日々進化しているのです。かつて汚れやお手入れの面で面倒な点がありましたが、近年開発されたガラスは、油や汚れをはじき水やけの防止で、安心のお手入れ簡単機能が施されています。一方プラスチックは、軽くて割れない安全性と種類が豊富で耐衝撃性があり、ふちなしメガネやスポーツゴーグルにも向いてるほど強度が強いのが特徴です。

また耐久性や劣化や歪みなどを防ぐ素材も使われている為、大変人気が高いです。この二つのレンズのどちらが良いとは言えませんが、用途やこだわりに応じて選ぶことが賢明と言えるでしょう。シャープに格好よく見せたい時や、調理場などレンズに熱が加わるような場所で使う人はガラスがお勧めで、スポーツ等で使用したりレンズが割れない安全性を最優先する人なら、プラスチックのほうがお勧めです。このバリエ-ション豊かなメガネレンズ、今後ますます進化していくことは間違いないでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です