この遠近両用レンズはハッキリ見える
2022年6月3日

メガネレンズを交換するタイミングとは

日常的に使用している眼鏡は、起きてからすぐかける場合が多いためメガネレンズを通して見る視界が当たり前の感覚になるのが一般的で、年齢問わず日常の一部となっている人も多いとされています。一方で眼鏡を長く使っていると、いつかはメガネレンズを交換するときがくるのも基本で、そのまま無理して維持していると、さらなる視力の低下や頭痛など身体的精神的に負担をかけるような状態になる可能性もあるため注意しましょう。メガネレンズを交換するタイミングとしては、度数が変化してきたときが最も交換するべき時期と言えるでしょう。一度しっかり検査をして眼鏡を作っても、人の目は時間の経過とともに視力が低下したりなど変化するものです。

視力の変化によって眼鏡が見にくかったり違和感を感じやすくなったりしたときには、できるだけ早くレンズを交換するようにしましょう。度数が合わないレンズを使い続けていると、ピントを調節する目の筋肉の働きが弱まったり、過剰に負担をかけたりしてしまうことにつながります。そのため目の疲れが慢性化し、頭痛や酔いやすいといった症状が出てくることがあるため、交換を検討しましょう。他にも、落ちない汚れがレンズまわりに溜まってきたときも交換のサインと言えます。

単純に見栄えが良くないという視覚的な要因もありますが、その微細な汚れが目に付着すると、目のかゆみ、さらなる視力低下となってしまうこともあるため注意すべきです。メガネレンズのことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です